1byoneの体脂肪計を購入したので機能を徹底レビュー!

最近、自宅にある体脂肪計が古くなってきていて調子がよくないので買い換えることにしました。

いろいろと探していましたが、最近は結構安いのも多いんですね〜。アマゾンで探したり、価格.comなんかで調べたら、思ったより安いのもゴロゴロありました。

いろいろ悩んだ結果・・・

今回、購入したのはこちら!

メーカー希望小売価格は6,000円と若干高めに感じますが、発売されたのが数年前の古いモデルなので、ほぼ半額の3,700円で購入できました。現在は、さらに値引きがされているかもしれません笑

日本のメーカーではありませんが、アマゾンレビューもなかなか高めで、悪いものでは無いようです。メーカーを調べてみたら、アメリカペンシルベニア州のフィラデルフィアに存在する会社のようです。

一応、メーカー公式ホームページを確認しようと思ったら、「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示されました・・・。

エラー画面

大丈夫だろうか・・・。

入っているもの

箱を正面から

箱の表です。非常にシンプルなパッケージとなっています。

正式名称は「体重・体組成計」なんですね。これは、体重や体脂肪だけでなく、筋肉量や水分量なども調べることができるからです。実に高性能!

箱の裏側

箱の裏面には、簡単な説明が書かれていますね。アプリのQRコードも印刷されていますが、ここからはダウンロードしないでください(後述します)。

何気に、EU加盟国基準を満たしている印であるCEマークが付いていますね。

中身

中身を取り出すと、本体や取説、電池などの内容物が、一つのビニールに包まれていました。

体脂肪計本体

これが本体です。ザ・シンプル

液晶画面と他の部分に堺が無い、フラットな構造になっています。非常にオシャレ。

電源など、ボタンの類は一切ありません。なんと、乗るだけで自動で計測がスタートし、スマホにデータを送信するそうです。電源OFFも、時間が経てば自動で行います。

利用する人の身長や年齢のデータは、全てスマホのアプリで管理します。逆に言えば、スマホが無ければこれの機能をフル活用できないということです。

取扱説明書

取扱説明書です。

前半は英語表記、後半に日本語表記の解説文が記載されています。

日本製の家電を購入した場合、非常に分厚い取説に嫌になっている方も多いと思いますが、この取説、英文も記載されていて2倍の量になっても全部で24ページ。非常にシンプルです笑

本当に必要最低限のことだけ、書かれている感じですね。

乾電池

本体を動かすための電池はセットになっています。日本製では無いようですね。

使用してみる

ディスプレイ表示

乾電池を入れた状態で体重計にのると、自動で電源が入り測定が始まります。いちいちしゃがんだりして操作をする必要が無いのは、腰に優しくて嬉しいですね笑

本体側の液晶で確認できるのは、体重だけ。それ以外の数値はスマホでデータを受診して確認する必要があります。

アプリ連携

スマホのアプリと連携させることで、はじめて100%の性能を引き出せる今回の体重計。体脂肪率などを確認するには、まずアプリをダウンロードする必要があります。

上で書きましたが、パッケージ裏に印刷されているQRコードのリンクは古いアプリのリンクなので、新しいアプリのリンクを掲載しておきます。

1byone Wellness
1byone Wellness
開発元:Yu Hua min
無料
posted with アプリーチ

目印は、オレンジ色のアイコンです。古い方は青色となっています。注意しましょう。

また、スマホによっては対応していない場合もあります。購入する前に、アプリを使用できるかどうか確認しておきましょう。←非常に大事!

ダウンロードして、自分の性別や誕生日、身長、普段の運動頻度、目標体重を設定したら準備完了です。体重計にのってみます。

自動で体重や体脂肪率の測定が始まり、データが取得できるとスマホに送信します。スマホでデータを受診すると、下のような画面が出ました。

データを受診したときの画面

体重や体脂肪率はもちろん、

  • 水分量
  • 筋肉量
  • 内臓脂肪

などの測定もできます。また、BMI数値も自動で計算してくれるので、いちいち体重を身長の自乗で割って・・・なんて面倒くさい計算をする必要がありません。これは、便利ですね♪

毎日の記録を保存しておけるので、日々の進捗状況を確認することもできます。

体重の推移

体重の推移。折れ線グラフで表示され、どれだけ変動しているか人めでわかる。

体脂肪率の推移

こちらは体脂肪率の推移。

このように、いろいろなデータをまとめて管理できるので、ダイエッターにとっては非常にありがたい!一つのアプリに複数人分登録することができるので、家族のデータも残しておくことが可能です。

データを受診したときの画面

家族のデータも保存できる。

さらに、iOS 8以降の端末にアプリをインストールしている場合、iOSのヘルスケアと連動させることもできます。iPhoneユーザーには嬉しい!Androidユーザーは関係ないですけどね・・・。

これはイイ!

結局、メーカーの得体が知れなかったり、アプリが古いのや新しいのが混在していたりと不安要素もありましたが、デザインもシンプルでおしゃれ、スマホとの連動でデータを自動で管理できる、iPhoneユーザーならヘルスケアとの連動も可能など様々なメリットがありました。購入して良かった!

何より、使い方が非常に簡単!

購入したら、

  • 本体に電池を入れて
  • アプリをダウンロード!
  • 自分のプロフィールを入力したら
  • あとはのるだけ!

次の日からは、アプリを起動して体重計にのれば、勝手にデータをまとめてくれます!非常にお利口笑

惜しむらくは、スマホを持ってない、古すぎるなどの場合は、アプリに対応できないので、体重しか測れないと宝の持ち腐れになってしまうことですね。弊社スタッフ松田も、使用しているXperia Aが対応していなくて、タロウのiPhoneで管理する羽目になっています・・・。

レッドスムージー

公式販売サイトをみる

ミネラル酵素スムージー

ベルタ酵素

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です