ダイエットを続ける意思が続かない理由とは?

「体重の増加」「体型の崩れ」など、いわゆる「太る」ということに対してできる対策としては「ダイエット」が挙げられます。意思をもって続けることで、成功してきた人も少なくありませんが、実際にはダイエットに失敗したという人のほうが多いのが実情です。

その原因としては「ダイエットが続かない」ということが挙げられます。「初志貫徹」というのは、私の恩師も好きな言葉なのですが、最初の意思を維持し続ければ結果が伴うという意味で、ダイエットにおいても同様です。

しかし、実際には「ダイエットを頑張ろう!」という、当初の情熱が冷えきってしまう人が多いのです。どこにその理由があるのでしょうか?

食事制限

つらい食事制限

ダイエットにおいては、カロリーの高い食事や食品を避けなければなりません。摂取カロリーが消費カロリーを上回らないようにするためには、摂取カロリーを減らすことが効果的です。

しかし、そうなると「食べる量」と「食べて良い食材」に制限がかかることになります。特に、「甘いもの」「肉類」といった、多くの人が好み、生活の原動力にもなる食材を制限しなければならないパターンが多いです。

しかしながら、これらの食事を制限すると、食事が楽しくなくなるんですよね。例えば、「今日は頑張ったから、自分へのごほうびにケーキを買って帰ろう」なんてこともできなくなるんです。帰ってからのご褒美が野菜サラダでは、役者不足も良い所です。

がんばった分、甘いものや美味しいものが食べたいものですよね。その上で、ダイエットという目標がある状態で、好きなものが食べられなくなるというのは、かなりのストレスになるんです。

運動

運動する女性

ダイエットにおいては消費カロリーを増やすことも重要です。なので、端的に言えば「運動をする」ということが大きなカギを握るのです。運動好きな人には苦にならないでしょう。しかし、私もそうなのですが、中学や高校の時に体育の成績が1や2の人って、運動をすることに結構な苦労を強いられるんですよね。

それでも、ダイエットのためには運動が必要と思い、頑張ってジョギングやスポーツジムに通うといった方法を選択します。とは言え、運動=辛いと思ってる人には、長続きさせるだけの忍耐力が伴っていないと長続きさせることは無理なんですよね。

そもそも、「走るの大好き」って人は、太ってないことが多いですし。太っている人にとって、運動は相性が悪い場合が多いっていうジレンマもあるんですよね。

効果が出ない

女性の浮かない表情

何より、上記の理由に加えて「ダイエットの成果が出ない」というのが、最も大きい理由ではないでしょうか。もし、画期的に体重が減少し、プロポーションが改善されたら、多少辛くても続けていくことは不可能ではありません。

しかし、ダイエットは方法にもよりけりですが、1週間や2週間ではそこまで大きな成果は現れません。結果が出る前に、今までの苦労を天秤にかけてしまい、結果、ダイエットを中断してしまうのです。

ダイエットを継続・成功させるには?

ダイエットを継続させ、成功に導くためには、継続していくのに適した条件を準備することです。そのために必要なのは「絶対にダイエットを成功させるという強い意思」と「自分に適したダイエット方法を採用する」ことです。

いくら強い意思を持っていたとしても、それがいつまでも長続きするとは限りません。意思が弱る前に、ある程度の結果を出すことで意思を継続させることができます。そのために必要なことが、自分と相性の良いダイエット方法を見つけることです。成果の出方だけでなく、自分にとって辛い方法でないというのも、意思を継続していくのに必要になります。

レッドスムージー

公式販売サイトをみる

ミネラル酵素スムージー

ベルタ酵素

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です