ホルモンバランスを整えて、ダイエットを成功させる!

女性ホルモンとダイエット、実は密接な関係があることはご存知でしょうか?

女性ホルモンは、エストロゲンプロゲステロンの2種類があります。

この2つのホルモンをよく知ることで、ダイエットをもっと効率よく進めることが可能です。

エストロゲン

エストロゲンはステロイドホルモンの一種で、卵胞ホルモンとも呼ばれます。

バストアップに効果があったり、お肌の水分量の調節、コラーゲンの生成を促すなど、女性の美容に大きな効果がある女性ホルモンです。

また美容面以外にも、排卵と妊娠のための準備をするために卵胞の成長を促したり、子宮内膜を厚くして受精卵が着床させやすくしたりといった働きも持ちます。その他にも、体内のカルシウム量を調節して骨の形成を促すなど健康面においても様々な働きを持つ優れものです。

そしてエストロゲンは、ダイエットにも密接に関係します。エストロゲンには、脂肪燃焼を促進させる効果と満腹中枢を刺激する効果があるのです。

エストロゲンは、ダイエッターの心強い味方というわけです。

プロゲステロン

プロゲステロンとは、黄体ホルモンとも呼ばれるステロイドホルモンの一種で、エストロゲンと同じく女性ホルモンです。排卵直後に作られます。

主な働きは、妊娠のために子宮内の環境を整えることです。もっと詳しく言うと、受精卵が着床しやすい環境を準備します。基礎体温を上げたり、子宮内膜を厚くさせたりといった作用があります。

このように重要な役割を持つプロゲステロンですが、イライラの原因になったり、倦怠感や発熱など体調面での悪影響もある少し困ったホルモンなんですね。

女性の体は、妊娠に向けて水分や脂肪を溜め込もうとするのですが、その働きを促しているのがプロゲステロンです。つまりプロゲステロンの分泌が多くなっている時は、太りやすく痩せにくい時期になってしまいます。

生理周期によるホルモンバランス

お腹空いた・・・

脂肪燃焼を促す効果と満腹中枢を刺激する効果で痩せやすくするエストロゲンと、水分や脂肪を溜め込みやすくするプロゲステロン、前者の分泌が増えて後者の分泌が抑えられると痩せやすくなるということはおわかりいただけたと思います。

じゃあ、両方の分泌量をコントロールできれば、ダイエットも効果が高くなるかと言われればそうもいかないのです。

2つの女性ホルモンは、分泌のタイミングがだいたい決められています。むしろ、このタイミングがずれると妊娠しづらくなったり、ダイエットの効果が出づらくなったりと良いことがまるで無いのです。

うまく効率よくダイエットをしたいのであれば、2つのホルモンの分泌タイミング、ホルモンバランスを知ることが重要になります。

生理開始1週間

生理終了後から最初の1週間は、卵胞期と呼ばれる期間になります。基本的にこの時期は、エストロゲンもプロゲストロンもそれほど活発に分泌はされません。

この時期はあまりダイエットに向いていないので、無理に痩せようとは思わないことです。

2週間目

生理開始から2週間目になると、排卵期と呼ばれる期間に入ります。この時期はエストロゲンの分泌が増え、基礎体温も上がるので痩せやすい時期です。

このことから、ダイエットの最適なタイミングと言えます。ぜひ、この1週間で集中的にダイエットに取り組みましょう。

3〜4週間目

3週間も経つと、黄体期に突入します。その名の通り黄体ホルモン、つまりプロゲステロンの分泌がもっともピークを迎えるのがこの時期です。

いくらダイエットをがんばっても、なかなか結果がついてこない苦しい時期になります。無理をせずに、休むことも重要です。

ホルモンバランスが崩れる原因

体脂肪計に乗って愕然とする女性

ホルモンバランスによって、ダイエットしやすい時期があるというのはおわかりいただけたでしょうか。

しかし、様々な原因でこのホルモンバランスが崩れてしまことがあります。

例えば、睡眠不足。

人間の体には自律神経というものがあり、交感神経副交感神経という2つに分かれています。

交感神経は日中、運動など活発に活動しているときに優位になる自律神経です。対して副交感神経は、睡眠時や休息時に優位になります。

この2つの自律神経のバランスというのが生きていくうえで非常に大事なのですが、睡眠不足は2つのうち副交感神経の働きを損なってしまう原因です。実は自律神経のバランスが崩れると、女性ホルモンの分泌にも大きな影響を及ぼしてしまいます。

というのも、女性ホルモンも自律神経も大脳の視床下部という同じ部分でコントロールされているからです。これが、睡眠不足によるホルモンバランスが乱れる原因となります。

また、ストレスにも注意が必要です。

コルチゾールというストレスが原因で分泌されるホルモンがあるのですが、このホルモンは2つの女性ホルモンと同じくコレステロールを材料としています。コルチゾールを作るのにコレステロールを消費されてしまうと、女性ホルモンの生成が滞ってしまうのです。

またコルチゾール自体、筋肉の分解を促す働きを持ちます。筋肉の分解が進めば、基礎代謝が下がり痩せにくい体になってしまいます。ダイエットの天敵というわけです。

ホルモンバランスは、普段の生活リズムの乱れや、過度なダイエットが引き起こします。無理なダイエットは逆効果です。正しいダイエットを心がけましょう。

 

レッドスムージー

公式販売サイトをみる

ミネラル酵素スムージー

ベルタ酵素

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です