濃い味はダイエットに不向きなのか?

ジャンクフードを貪るデブ

ハンバーガーピザコーララーメンなどなど、濃い味の食べ物。想像するだけで、なんだか太ってしまいそうですね笑

みなさんは、こんなことを聞いたことはありませんか?

濃い味のものを食べていると太る!

上であげた食べ物もそうですが、太る原因となる食べ物は、味が濃いものを多く思い浮かべますよね。
(味が薄くても、太る原因になる食べ物もありますが・・・)

ということで、今回は濃い味は本当にダイエットに不向きなのか、検証したいと思います!

なぜ濃い味はダメなのか?

そもそも、なんで濃い味の食べ物は太る原因と言われているのか?

それはズバリ、

濃い味のおかずはご飯のお供だから!

白米

白米が大好きな日本人はいっぱいいますよね!

簡単な話です。濃い味のお肉を食べていると、ご飯が欲しくなりますよね。よく食べ物の美味しさを表現するときに、「これならご飯○杯イケますね!」というセリフを吐く方を見ると思います。

濃いタレがかけられたお肉料理や、魚の煮付けなどはもちろん、ソースや醤油はそれだけでもご飯がすすむ調味料です。

白米のご飯は、炭水化物が多く含まれているので、糖質を多く摂取することになります。おかわりでもしようものなら、大量の糖質を体内に取り込み、インスリンが糖質をエネルギーとして身体中に運んで、余った分を体脂肪として溜め込むことでしょう。

これが、よく濃い味が太ると言われている原因です。

濃い味は塩分や糖分が多い

濃い味付けには注意!

濃い味付けは、使用している調味料などにも注意する必要があります。濃い味付けを出すために、多くの塩分や砂糖を使っていることが多いからです。

塩分を多く摂取すると、体外に水分を排出しにくくなり体がむくむ原因になります。太って見えてしまうんですね。砂糖の使用が増えれば、糖質の摂取量が増えて脂肪が増えてしまいます。

こういう点も、濃い味が太ると言われる原因です。

薄い味はダイエットに良いのか?

濃い味の食べ物が、太る原因になりうるということはおわかりいただけたと思います。

こうなると気になるのは、「じゃあ薄味の食べ物は、ダイエットに効果的なのか」という点では無いでしょうか?

これに対する答えは、NOです。

とくに、薄味の食べ物を食べたからといって痩せる、といったことはありません。残念ですが・・・。

カロリーが少ないとも限らない、脂肪燃焼効果があるわけでも無い、むしろ薄くてもカロリーが高かったり、パスタのように炭水化物だったりします。

しかし濃い味の食べ物と比較して、薄味の食べ物は食べ過ぎる可能性が低く、痩せにくいと言われています。ダイエットのときは、薄味を心がけると良いでしょう。

濃い味→薄味の場合

一つ注意しなければならないのは、今まで濃い味の食べ物を食べていたのを、健康やダイエットを考えて薄い味に変えようとする場合です。

濃い味の食事に慣れていると、舌が薄い味で満足できなくなっており、いざ薄味の食事を食べても今までの量では物足りなく、ついつい食べ過ぎてしまう危険性があります。

そんなときは、満腹中枢を刺激する食べ方を心がけましょう。つまり、よく噛んで食べることです。

よく噛んで食べること

咀嚼回数を増やして時間をかけて食事を摂ると、満腹中枢が刺激されて食べる量を抑えることができます。満腹中枢が刺激されるまでにはおよそ20分はかかるので、まずは20分以上は時間をかけるようにしましょう。

また一度に口に運ぶ量を少なくする、というのも良い手です。例えば、使っているスプーンを小さいものに変えると、口に運ぶ回数が増えて食事にかかる時間が長くなります。ゆっくり食べることで、満腹中枢が刺激され食べる量を抑えることができるはずです。

温かい食べ物は、冷めないうちに食べるようにしましょう。冷たくなると、人間の舌は味に鈍感になってしまいます。味の刺激が足りなくなると満足感もなかなか得ることができず、ついつい量を多くしたり、調味料を足してしまうのです。

あとは、少しずつ改善していって、少しずつ慣れていくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

基本的に同じ量を食べるのであれば、濃い味を食べようが薄味を食べようが、そこはあまり問題ではありません。それよりも大事なのは、実際のカロリーや糖質の数値です。

ただ濃い味のものを食べるときは、食べる量に注意する必要がありますよ、というお話でした。

レッドスムージー

公式販売サイトをみる

ミネラル酵素スムージー

ベルタ酵素

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です