腹筋運動じゃダメ?ぽっこりお腹を確実に解消する3つの方法

ぽっこりお腹
そんなに太っているだけでもないのに、お腹だけ出ている…。
もしくは、ぽっちゃり体型だけどお腹が特にぽっちゃり出てる…。

お腹のことで悩んでいる人は意外に多いようです。

お腹を凹ますには、腹筋運動がいいと思いがちですが、実は違うのです。

お腹が出てしまうのは何故だと思いますか?
その原因を知れば、正しい対策法も見えてくるはずです。

ここでは、下腹を凹ますための効果的な方法を3つご紹介します。

腹横筋と腹斜筋を鍛えるドローイング

腹式呼吸+お腹を凹ますことで、内臓を包んでいる腹横筋と腹斜筋を鍛えるドローイングは、ぽっこりお腹の解消に有効な腹筋トレーニングです。

場所を選ばずにどこでもできるので、普段の生活に取り入れやすいのがメリットの一つです。

それでは、ドローイングの方法を説明します。
1. 鼻からゆっくりお腹に息を吸い込みます。お腹を思いっきり膨らませる感覚で息を吸い込めるだけ吸い込みましょう。

2. 吸い込んだ酸素を口からゆっくり吐き出します。お腹がかなり凹むくらいに吐き切りましょう。

3. 息を吐ききってお腹を凹ませたら背筋を伸ばして肛門を締めるような感覚で力を入れます。そのままの状態で30秒キープします。
最初は30秒間の静止が辛ければ、できるだけ長く静止するだけでOKです。
無理せず、少しずつ30秒に近づけていけるように積み重ねていきましょう。

血液とリンパの流れを促進する腸もみ

腸もみ

ぽっこり出た下腹の原因は、腹横筋や腹斜筋の衰えの場合もありますが、腸の働きの低下も考えられます。

特に便秘気味の人、常にお腹の張りを感じている人に多いです。
そんな人におすすめしたいのが腸もみです。

腸を刺激することで働きを高めて、血液やリンパの流れが良くなると気になる下腹も解消されます。

それでは、腸もみの方法を説明します。
1. まず腸のあたりをほぐすことから始めましょう。おへそのまわりや下腹を人差し指中指で押してみて、硬いところがあったら念入りにほぐします。この時に息を吐いてリラックスしましょう。

2. 1を何度(何日)かやってみてお腹が柔らかくなってきたら、おへそを中心にして右回りにお腹をさすります。

3. お腹を思いっきり凹ませてから、再び硬いところがないかチェックしましょう。硬いところがあったら、人差し指中指で押さえてからグリグリと小さな円を描きます。

4. 終わったら温かい飲み物を飲みながら、ホッとリラックスしましょう。

腸もみマッサージのタイミングは、お風呂上がりが寝る前が最適です。
毎日少しずつ揉みほぐしていけば、便秘も解消されて、ぽっこりも改善されるはずです。

開いた骨盤を整える骨盤矯正エクササイズ

骨盤 エクササイズ

痩せているのに下腹だけ出ているのは、骨盤に原因があるかもしれません。
普段あまり姿勢が良くない人やデスクワーク中心の人、出産した人などに骨盤が原因のぽっこりお腹が多いです。

本来ならば、骨盤が内臓を包んで支えているのですが、骨盤が開くと内臓を支えきれなくなり下がってしまうのです。
つまりそれが、下腹が出てしまう原因なのです。

心当たりがある人は、骨盤矯正エクササイズで骨盤を正しい位置に戻しましょう。
1. 仰向けに寝転がります。両手は横にまっすぐ広げて手のひらを床側に向けて置きます。

2. まず、右足を伸ばしたまま胸の方にできるだけ引き寄せます。

3. 左足の方にゆっくりと右足を伸ばしたまま倒します。そのままの状態で10秒間キープします。

4. 今度は左足で2〜3を行ないます。左右5セットずつ行ないます。

このようにぽっこりと出たお腹を解消には腹筋運動ではなく、この3つの方法が有効です。

鍛える筋肉は腹横筋と腹斜筋、ほぐすのは腸、整えるのは骨盤と知って、正しくお腹の対策をしていきましょう。

これでもう、ウエストのはみ肉やポンと出た下腹ともサヨナラできます。
隙間時間でできる方法なので忙しい人にもオススメです!

レッドスムージー

公式販売サイトをみる

ミネラル酵素スムージー

ベルタ酵素

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です